日本心不全学会は5月8日までに、血中BNPやNT-proBNP値を用いた心不全診療の留意点をまとめ、ステートメントとして公表した。心不全の早期診断における血中BNPおよびNT-proBNP値の閾値を提示し、BNP値に相当するNT-proBNP値については、「BNP 40pg/mLに対してはNT-proBNP 125pg/mL、BNP 200pg/mLに対してはNT-proBNP 900pg/mL」と提案した。

血中BNPやNT-proBNP値を用いた心不全診療の留意点を発表の画像

ログインして全文を読む