心血管イベントの一次予防の観点から、HDL-コレステロール(HDL-C)の望ましい値は、60mg/dLを超えるレベルであることが示された。日本人の大規模一次予防試験MEGA Studyのデータを用いた解析によるもの。HDL-C値が60mg/dL以下の群に比べ、60mg/dLを超え90mg/dL以下の群で、冠動脈疾患や冠動脈疾患+脳梗塞のリスクの有意な低下が認められた。三越厚生事業団の中村治雄氏が、第77回日本循環器学会学術集会(3月15〜17日、開催地:横浜市)で報告した。

HDL-C値60mg/dL超える群で冠動脈疾患のリスクが低下の画像

ログインして全文を読む