「心臓血管外科を選んで後悔していますか?」という質問に74%が「後悔していない」と答えた――。日本心臓血管外科学会が女性会員に行ったアンケート調査の結果だ。一方で、出産、育児による休職後の復職が病院のシステムとして可能と考える女性医師は3分の1に留まった。また、子どもを持つ女性医師で、妊娠中に仕事が理由と思われる健康上の問題(流産など)があったのは3分の2を占め、子どもが理由で学会・研究会の参加を見合わせた経験がある医師は82%に上った。

女性会員の74%が「心臓血管外科を選んで後悔していない」だったが・・・の画像

ログインして全文を読む