災害による心身へのダメージは、被災者だけでなく、救援者にも少なからず認められる。どうすれば軽減できるだろうか――。国立病院機構災害医療センター精神科の松岡豊氏らは、東日本大震災の被災地に出動した災害派遣医療チーム(DMAT)隊員へのアンケート調査で、回答者の9%が放射線被曝を心配しており、放射線被曝への心配があると回答した隊員は男女とも心的外傷後ストレス障害(PTSD)症状が有意に強くなることを認め、第23回日本疫学会学術総会(1月24〜26日、開催地:大阪府吹田市)で報告。心理的苦痛の軽減には、被曝に関する正確な情報提供が有効である可能性を示唆した。

放射線被曝への心配がDMAT隊員のPTSD症状を増強の画像

ログインして全文を読む