災害派遣医療チーム(DMAT)の隊員は、自らPTSDの兆候に気づき、対処行動がとれる可能性が示された。東日本大震災の被災地に派遣されたDMAT隊員を対象にしたストレスケア研究の成果のひとつで、国立病院機構災害医療センターの西大輔氏(現;国立精神・神経医療研究センター)らが、第23回日本疫学会学術総会(1月24〜26日、開催地:大阪府吹田市)で報告した。

DMAT隊員は自らPTSDの兆候に気づくことができるの画像

ログインして全文を読む