心電図異常のない糖尿病患者約500例を7年間追跡した結果、重症不整脈を含む心電図異常が10%で認められたことが分かった。東京女子医科大学糖尿病センター内科の岡本香弥氏らが、第47回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会(1月12〜13日、開催地:東京)で報告した。心電図異常の内訳は、1度房室ブロックなどの不整脈・伝導障害と、ST-T変化を中心とする虚血性変化がほぼ半々。不整脈・伝導障害が認められた群は認められなかった群に比べ、年齢が有意に高かった。

糖尿病患者の10%で心電図異常、約500例を7年間追跡の画像

ログインして全文を読む