第26回日本冠疾患学会学術集会(2012年12月14〜15日、開催地:東京)の内科シンポジウム「急性冠症候群に対する治療戦略」では、榊原記念病院循環器内科の桃原哲也氏が「ハートチームの一員としての内科医のあり方」と題して報告。内科医には、中立的な立場で適応を検討し、最適な治療法を判断できることなどが求められると指摘した。

内科医はどうあるべきか ハートチームによるアプローチの画像

ログインして全文を読む