日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2012-2013」で、降圧薬の中で最も使われているのは「アーチスト」だった。その選択理由をみたところ、「臓器保護効果がある」が最多だった。処方率の高かった降圧薬を中心に、その選ばれている理由を探った。

処方率が高い降圧薬、その選ばれている理由はの画像

ログインして全文を読む