重症循環器疾患患者は、機能している後方施設へ地域搬送あるいは広域医療搬送を行う。救急医は救助や搬送のみならず、病院や避難所の支援ならびに情報収集も重要な業務とする――。東日本大震災において、災害急性期医療に救急医として携わった岩手医科大学高度救命救急センターの高橋智弘氏らが「教訓」として挙げた一部だ。首都直下型地震あるいは東海・東南海・南海地震への備えが論じられる中、実際の現場で災害急性期医療に携わった医師らの訴えに耳を傾けることは、真の対策への第一歩となるに違いない。

災害急性期医療に向けた教訓、救急医からの訴えの画像

ログインして全文を読む