長時間作用型Ca拮抗薬であるベニジピンと利尿薬の併用は、β遮断薬との併用に比べて、Visit-to-visitの血圧変動性が低値で脳卒中発症率が低いことが示された。COPE試験血圧変動性サブ解析の結果で、山口大学の梅本誠治氏らにより、第35回日本高血圧学会総会(9月20〜22日、開催地:名古屋市)で報告された。

Ca拮抗薬ベニジピンと利尿薬併用、Visit-to-visit血圧変動性が低値で脳卒中発症率が低いの画像

ログインして全文を読む