カナダでは、地域の薬局内に「血圧キオスク」と呼ばれる自動血圧計が設置された場所があり、非常にアクセスしやすいため頻繁に利用されているという。この「血圧キオスク」から得られたデータから、利用者の約3分の2は血圧が高いことが分かった(前高血圧を含む)。カナダAlberta大学のRoss T Tsuyuki氏が、シドニーで開催された第24回国際高血圧学会(ISH2012)で報告した。

薬局内の「血圧キオスク」利用者の約3分の2は血圧が高い、カナダからの報告の画像

ログインして全文を読む