通常、1日1回の降圧薬の服薬時間は朝が多いが、早朝の急激な血圧上昇(morning surge)の予防を含めたより良い24時間血圧コントロールのためには、ARBの夜間投与が一層有用であるとの成績が報告された。インドネシア大学のZainuddin Khan氏が、シドニーで開催された第24回国際高血圧学会(ISH2012)で発表した。

ARBの夜間投与で日中投与よりも良好な24時間血圧コントロールが可能にの画像

ログインして全文を読む