心房細動の症例に対するカルベジロールの心拍数調節効果を検討した結果が報告された。日本医科大学多摩永山病院の小谷英太郎氏らのグループの研究成果で、カルベジロールは持続性/永続性心房細動の心拍数調節治療として有用であることが示された。成果は、9月に金沢で開催された第60回日本心臓病学会で報告された。

カルベジロールは持続性/永続性心房細動の心拍数調節治療として有用の画像

ログインして全文を読む