ST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者の30日後死亡率は、1995年から2010年までの15年間で13.7%から4.4%に68%も低下したことが示された。フランスで行われたFAST-MI programme(French registry of Acute ST-elevation and non-ST-elevation Myocardial Infarction)試験の成果で、フランスHopital Europeen Georges PompidouのNicolas Danchin氏らが8月にミュンヘンで開かれた欧州心臓学会(ESC2012)で報告した。

STEMI患者の30日後死亡率、15年間で68%も低下の画像

ログインして全文を読む