バイオリムス溶出性生体吸収性ポリマーステント(BES)は、ベアメタルステント(BMS)に比べて、安全性と効果の面で優れており、血管造影で評価した有効性も高いことが示された。初回のPCIを受けるST上昇型心筋梗塞の患者を対象に行われたCOMFORTABLE AMI-Trialと血管造影サブ解析の結果、明らかになった。成果は、ベルリン大学病院の谷脇正哲氏が7月に新潟で開催された日本心血管インターベンション治療学会で報告した。

ST上昇型心筋梗塞患者に対するBES、血管造影上の有効性も高くの画像

ログインして全文を読む