神戸大学大学院医学研究科附属動物実験施設/疾患モデル動物病態生理学の塩見雅志氏らは、心筋梗塞を自然発症するWHHLMIウサギを用いた実験から、冠スパズムがリピッドリッチ病変の破綻に関係すること、血栓の形成・成長には泡沫細胞崩壊物が関与することなどを見いだし、第44回日本動脈硬化学会学術集会(7月19〜20日、開催地:福岡市)のシンポジウム「急性心筋梗塞症のメカニズムに迫る−臨床病理と動物モデルから動脈硬化性プラーク不安定化・破綻の原因を探る」で報告した。

冠スパズムがリピッドリッチ病変の破綻に関係の画像

ログインして全文を読む