2型糖尿病合併高血圧患者で脳・心血管イベントの発症を抑制するには、血圧を130/80mmHg未満かつHbA1c(NGSP値、以下同)6.2%未満にコントロールする必要があることが、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)オルメサルタンの大規模コホート研究であるOMEGA studyのサブ解析で明らかとなった。順天堂大学内科学の河盛隆造氏らが、第55回日本糖尿病学会年次学術集会(5月17日〜19日、開催地:横浜市)で報告した。

2型糖尿病合併高血圧患者の脳・心血管イベント抑制、血圧130/80mmHg未満かつHbA1c 6.2%未満が必要の画像

ログインして全文を読む