2型糖尿病を合併する高血圧患者で、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のオルメサルタン、テルミサルタンのそれぞれ最大用量投与による効果を比較すると、降圧効果には差がなかったが、インスリン抵抗性をはじめとする糖代謝の改善効果においてはオルメサルタンが優れている可能性のあることが示された。第55回日本糖尿病学会年次学術集会(5月17日〜19日、開催地:横浜市)で、産業医科大学第一内科学の新生忠司氏らが報告した。

2型糖尿病合併高血圧患者に対する高用量オルメサルタンでインスリン抵抗性など糖代謝指標が改善の画像

ログインして全文を読む