第34回日本血栓止血学会学術集会が6月7日から9日まで東京で開催される。今大会のテーマは「血栓症への挑戦」。学会長を務める東京女子医科大学医学部神経内科教授の内山真一郎氏は、「日本発の多くのトランスレーショナルリサーチが芽生えるような契機としたい」と意気込みを語った。

日本発トランスレーショナルリサーチの契機にの画像

ログインして全文を読む