急性冠症候群(ACS)が疑われる患者に対して冠動脈CT血管造影(CCTA)を行い、安全に退院させるられるのだろうか――。この問いに対する1つの答えが示された。米フィラデルフィアのペンシルバニア大学のHarold I. Litt氏らは、CCTAを行う群と従来の検査を実施する群の間で比較検討を行い、その成果を米国心臓学会2012(ACC2012)で報告した。

ACS疑いの患者に冠動脈CT血管造影を行って安全に退院させるられるかの画像

ログインして全文を読む