冠動脈バイパス術(CABG)において、心臓を動かしたままで行う方法(off-pump CABG)と人工心肺を用いた方法(on-pump CABG)では、無作為化後30日時点でアウトカムに有意差はないことが報告された。19カ国の79施設が参加したCORONARY試験の成果で、カナダ・McMaster大学のAndre Lamy氏らが3月に米・シカゴで開催された米国心臓学会(ACC2012)のLBCTセッションで発表した。

Off-Pump法とon-Pump法、30日時点でのアウトカムでは互角の画像

ログインして全文を読む