閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は心血管疾患(CVD)のリスクを高めることが知られているが、最近では2型糖尿病との関連も明らかになってきた。

DM患者の7割が睡眠時無呼吸を合併、要治療も3割の画像

ログインして全文を読む