経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の冠微小血管抵抗指数(index of microcirculatory resistance:IMR)が高い心筋梗塞(MI)症例は、慢性期の心機能が不良であると報告されている。大阪府済生会千里病院千里救命救急センターの伊藤賀敏氏らは、第25回日本冠疾患学会学術集会(2011年12月16〜17日、開催地:大阪市)で、PCI後のニコランジル冠注により、IMRの改善が可能だった成績を報告。冠微小循環まで考慮したMI治療戦略の意義を強調した。

PCI後のニコランジル投与で冠微小循環障害が改善の画像

ログインして全文を読む