睡眠時呼吸障害は多くの心血管疾患(CVD)の発症や進展に関与するとされる。愛媛県立新居浜病院循環器内科の佐々木康浩氏らは、簡易型無呼吸・低呼吸検知器を用いて冠攣縮性狭心症患者における睡眠時無呼吸の頻度を検討。

睡眠時呼吸障害と冠攣縮性狭心症は関連しないの画像

ログインして全文を読む