急性心筋梗塞(AMI)患者において高尿酸血症は、慢性腎臓病(CKD)とは独立した予後悪化因子になっていたと、第25回日本冠疾患学会学術集会(2011年12月16〜17日、開催地:大阪市)で亀田総合病院(千葉県鴨川市)循環器内科の阿部昌巳氏らが報告した。

AMI患者の高尿酸血症は独立した予後不良因子の画像

ログインして全文を読む