痛風発作治療薬として広く使われているコルヒチンは、心臓手術後の心房細動(POAF)予防としても有効であることが、イタリアの6施設で実施された前向きランダム化二重盲検試験「COPPS」の解析から明らかになった。イタリア・Maria Vittoria病院のMassimo Imazio氏らが、フロリダ州オーランドで開催された第84回米国心臓協会・学術集会(AHA2011)で報告した。

心臓手術後の心房細動予防にコルヒチンが有効の画像

ログインして全文を読む