非糖尿病の急性冠症候群(ACS)患者においても、入院時のHbA1c高値群では長期予後が不良だったと、第25回日本冠疾患学会学術集会(2011年12月16〜17日、開催地:大阪市)で、順天堂大循環器内科の川口裕子氏らが報告した。

非DMのACS患者、入院時HbA1c高値は予後不良の画像

ログインして全文を読む