β遮断薬は左室駆出率(LVEF)が低下した患者の入院や死亡のリスクを低下させるが、β遮断薬の用量と予後との関連性はほとんど検討されていない。HF-ACTION試験のサブ解析から、β遮断薬は高用量で投与した方が、死亡や入院のリスクは低下することが明らかになった。米国Duke Clinical Research InstituteのMona Fiuzat氏らが、フロリダ州オーランドで開催された第84回米国心臓協会・学術会議(AHA2011)で報告した。

ログインして全文を読む