わが国で行われる冠動脈バイパス術(CABG)の6割は、人工心肺を用いないオフポンプCABG(OPCAB)で行われている。だが、急性冠症候群(ACS)、なかでも不安定狭心症患者に対する緊急CABGについてもOPCABが第1選択となるかは、まだ結論が出ていない。第64回日本胸部外科学会定期学術集会(10月9日〜12日、開催地:名古屋市)のディベート「不安定狭心症の手術戦略:on vs off pump CABG」では、自施設での成績や治療方針を踏まえ4人の演者が、どのような治療戦略が最適かを議論した。

不安定狭心症へのCABG、on pumpかoff pumpかの画像

ログインして全文を読む