2型糖尿病合併高血圧患者に対してアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)とCa拮抗薬を併用する場合、テルミサルタン/アムロジピンよりもオルメサルタン/アゼルニジピンの方が優れている可能性があると、坂出市立病院内科の大工原裕之氏が第34回日本高血圧学会総会(10月20〜22日、開催地:宇都宮市)で報告した。

DM合併高血圧、ARBと併用するCCBに差異の画像

ログインして全文を読む