睡眠呼吸障害(SDB)が心疾患や高血圧、糖尿病といった生活習慣病と関連することは知られているが、心臓手術を受けた患者における有病率や予後との関連をみた研究は世界的にも少ない。日大板橋病院心臓外科の高橋佳奈氏らは、同施設で心臓手術を受けた患者を対象にSDBの合併率を前向きに検討。対象症例の70.7%に軽症以上のSDBが認められたと、第64回日本胸部外科学会定期学術集会(10月9日〜12日、開催地:名古屋市)で報告した。

心臓手術患者の7割で睡眠呼吸障害を合併の画像

ログインして全文を読む