弁置換術や弁形成術を施行していない心血管疾患患者の15%に弁機能障害が認められることが、大規模コホート研究の中間解析から明らかになった。東北大循環器内科の後岡広太郎氏らが、第59回日本心臓病学会学術集会(9月23日〜25日、開催地:神戸市)で報告した。

CVD患者の15%に弁機能障害、女性では死亡と関連の画像

ログインして全文を読む