「肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン」では、うっ血性心不全は深部静脈血栓症(DVT)の中等度のリスクがあるとされており、弾性ストッキング着用などによる理学的予防が推奨されている。だが発症頻度は高い上、弾性ストッキング着用では十分ではないことが明らかになった。

うっ血性心不全の入院患者でも高いDVT発症率の画像

ログインして全文を読む