慢性完全閉塞病変(CTO)のある狭心症患者への和温療法により、残存心筋虚血が改善する可能性のあることが分かった。心不全に対する治療として研究が始まった和温療法だが、最近は閉塞性動脈硬化症(ASO)にも効果が認められている。本検討はさらに虚血性心疾患にも有効であることを示す知見として注目される。第75回日本循環器学会学術集会(8月3〜4日、開催地:横浜市)で、富山大第二内科の傍島光男氏らが発表した。

和温療法はCTOのある狭心症の残存心筋虚血を改善の画像

ログインして全文を読む