第33回欧州心臓病学会(ESC2011、8月27〜31日、開催地:フランス・パリ)では、「循環器疾患における性差」がテーマの1つになった。わが国でも昨年、「循環器領域における性差医療に関するガイドライン」が公表されており、循環器疾患でも性差に注目が集まりつつある。

BMSの長期予後に性差、女性で悪い傾向の画像

ログインして全文を読む