人間ドックの心電図検査で非弁膜症性心房細動(AF)が発見されることは多い。だが発作性心房細動(paroxysmal AF)の検出はほぼ不可能で、血液検査によるスクリーニングが可能になれば、その意義は大きい。

AF患者ではG蛋白共役受容体抗体の陽性率が高いの画像

ログインして全文を読む