冠動脈疾患(CAD)2次予防における積極的な低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)低下療法の有効性は確立しているが、日本人を対象にした血圧とLDL-Cの同時強化介入の効果は十分検討されていなかった。第75回日本循環器学会学術集会(8月3〜4日、開催地:横浜市)で東大循環器内科の永井良三氏は、同時強化療法の有効性を検討したJCAD IIの結果を発表した。

CAD既往例への血圧・脂質同時強化療法の是非の画像

ログインして全文を読む