湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)副院長の齋藤滋氏は8月23日、院内で記者会見を行い、生体吸収性スキャフォールド(bioresorbable vascular scaffold;BVS、いわゆる生体吸収性ステント)の国内初となる臨床試験を7月13日に開始し、これまでに4例の狭心症患者にBVSを留置したことを明らかにした。

生体吸収性スキャフォールドの臨床試験、日本で開始の画像

ログインして全文を読む