Fontan手術(右心バイパス術)術後患者の長期予後改善には、心不全の早期診断・治療が1つの鍵となる。第47回日本小児循環器学会学術集会(7月6〜8日、開催地:福岡市博多区)で北里大小児科の本田崇氏らは、圧・流速同時計測カテーテルによって得られる血流のエネルギー損失(EL)が、Fontan術後患者の早期心不全を反映する指標として有用であることを報告した。

Fontan術後患者の心不全診断に有用な指標の画像

ログインして全文を読む