「低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)は悪玉コレステロール」、「高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)は善玉コレステロール」という図式が一般に浸透している。メタボリック症候群の診断基準の1つにも「HDL-C<40mg/dL」とあり、HDL-C値は高いほど冠動脈疾患リスクは減らせると考えられている。

HDLにも善玉と悪玉があるの画像

ログインして全文を読む