腎性貧血に対する赤血球造血刺激因子製剤(ESA)投与は慢性腎臓病(CKD)患者の心機能を改善させるといわれるが、近年はヘモグロビン値を健常人と同程度まで上昇させても心血管疾患は抑制されず、逆に脳卒中リスクが上昇するという大規模試験の結果が示され、CKD患者におけるESA治療の是非が議論になっている。

ESA低反応例以外で同薬剤は心・脳保護に有用の画像

ログインして全文を読む