慢性腎臓病(CKD)患者の降圧目標達成率はいまだ低く、ステージの進行とともに低下してステージ5では26%にとどまる――。約4000例の患者を対象にした宮城艮陵CKD研究の登録時解析の結果だ。東北大大学院腎・高血圧・内分泌学分野先進統合腎臓科学コアセンターの宮澤恵実子氏らが、第54回日本腎臓学会学術総会(6月15〜17日、開催地:横浜市)で発表した。

CKD患者の降圧目標達成率、いまだ不良の画像

ログインして全文を読む