レニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬服用下の慢性腎臓病(CKD)合併高血圧患者に対するCa拮抗薬アゼルニジピン投与は、抗尿蛋白効果だけでなく血管伸展性改善効果も期待できることが分かった。第54回日本腎臓学会学術総会(6月15〜17日、開催地:横浜市)で、埼玉医大腎臓内科の竹中恒夫氏らが報告した。

CKD合併高血圧患者のAIに対するCa拮抗薬の効果の画像

ログインして全文を読む