Bayer HealthCare(ドイツ、ベルリン)は5月25日、ROCKET AF試験のサブ解析から、脳卒中または一過性脳虚血性発作(TIA)の既往がある心房細動(AF)患者においても、リバロキサバンはワルファリンと同程度の脳卒中再発予防効果が得られたと発表した。

ログインして全文を読む