左室駆出率(EF)は血行動態の増悪リスクを示す有用な指標であるが、EFが保たれているにもかかわらず心不全症状を呈する患者(HFpEF)も多く、こうした患者をどう早期診断してどのような治療を行うかが重要な課題になっている。

HFpEFの早期診断や予後予測する新指標DWSの画像

ログインして全文を読む