高血圧患者は2型糖尿病を合併するケースが多く、両疾患の合併により心血管疾患発症リスクは著しく上昇する。このような患者に対する薬物療法として、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を中心とした治療とCa拮抗薬を中心とした治療のどちらが優れるのかを検討したNAGOYA HEART Studyから、心血管イベント抑制効果は両薬剤で同等であることが明らかになった。

糖尿病合併高血圧に対するARBとCCBは同等の画像

ログインして全文を読む