末梢動脈疾患(PAD)に対する血管内治療(EVT)が急増しており、重症度の高いTASC(Trans-Atlantic Inter-Society Consensus)II分類C/D病変に適用されるケースも見受けられる。

PDA血管内治療、複雑病変では第1選択にならずの画像

ログインして全文を読む