高齢者高血圧に対する薬物療法としてわが国では、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、Ca拮抗薬がともに第1選択薬として位置付けられている。ARBは、特に糖尿病性腎症や心不全に対して、イベント発生抑制効果が用量依存性に増強することが知られている。

高齢者高血圧の追加治療、ARB増量かCCB併用かの画像

ログインして全文を読む