武田薬品工業は5月10日、高中性脂肪(TG)血症治療薬として開発しているTAK-085(一般名omega-3-acid ethyl esters 90)のP3成績を発表した。同薬剤は武田薬品工業がノルウェーのPronova Biopharma ASA社から導入したもので、日本において臨床第3相試験を行っていた。

ログインして全文を読む