ドイツ・Boehringer Ingelheim社と米Eli Lilly and Company社は5月3日、2型糖尿病に対するジペプチジルペプチダーゼ4阻害薬(DPP4阻害薬)linagliptin(商品名Tradjenta)について、米食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。適応は、食事療法および運動療法ではコントロールが不十分な成人の2型糖尿病に対する本薬剤の単独療法、もしくはメトホルミン・SU薬・ピオグリタゾンとの併用療法となっている。

ログインして全文を読む